人間にとって政治経済的諸関係はたしかに、その中で生きねばならぬ切実な所与であるだろう。しかしそれに劣らず、いやあるいはそれ以上に、煙草入れや提灯やこまごました飾りものは、一個の人間にとって生の実質をみたす重要な現実なのだ。 (渡辺京二『逝きし世の面影』より)

今年の11月、青花の会をはじめます。青花とはやきもの用語で染付のこと、また青花は露草の異称でもあります。この会では、おもにふたつのことをおこなってゆこうと考えています。

ひとつは、年に3冊、『工芸青花』という本を刊行します。内容はおもに骨董、工芸、建築です。実用書、入門書はすでに多くあるので、鑑賞のための本づくりを心がけるつもりです。

ふたつめは、茶会、花会、茶話会等の催事です。取材のときなどによく思うのですが、美術品を鑑賞しながら、工芸作家の言葉、美術史家の知見にじかにふれることは、大きなよろこびです。そうした機会を、ひらかれたかたちで、定期的につくってゆきます。

じつは本づくりは、手作業の割合がとても多い仕事です。そしていまは本も、工芸も、時代をおおうファスト化の波にのみこまれつつあります。私たちがはじめようとしていることは、ファスト化の競争からひとまずおりて、工芸と本のあるべき場所をさがすことでもあると思っています。とりもどしたいのは、手ざわりと、時間です。すなわち〈生の実質〉です。

以下の5人の方々は、青花の会の趣旨に賛同し、談話をよせてくださいました。またほかの方々とも、取材や準備をすすめています。しかし、青花の会は、私たちだけではつづけてゆくことができません。共感してくださる会員の方々とともに、これから、すこしずつ、あるべきかたちをつくってゆけたら、そう願っております。

2014年7月
菅野康晴|『工芸青花』編集長




    

  

 


 


トップへ戻る ▲