1990年代から2010年代は「生活工芸の時代」とよばれることがあります。「生活工芸」派の器の特色は「自我の最小化と器の彫刻化(彫刻の器化、ではなく)」と思っています。その「器」を「物」におきかえると、小林和人さん(OUTBOUND)のとなえる「作用」派の作品の特色になるのではないか、との考えから、両様の作をくらべてみたいと思いました(『工芸青花』7号でも特集します)。四つのギャラリーから、数十点を展示、販売します。S


期間……2017年1月18日(水)−2月15日(水)
時間……11時−20時半(最終日18時)|無休
     *1月30日は16時、31日は18時終了
会場……la kagu 2F soko|東京都新宿区矢来町67
     T03-5227-6977|www.lakagu.com


対談……生活工芸から作用へ
日時……2017年1月18日(水)15時−18時
1|安藤雅信(ギャルリももぐさ)+山本忠臣(gallery yamahon)
2|小林和人(OUTBOUND)+山内彩子(Gallery SU)
会場……la kagu 2F soko|無料・予約不要









安藤雅信、三谷龍二、熊谷幸治、秋野ちひろ作品
*出品作ではありません


出展者|生活工芸

ギャルリももぐさ(岐阜)

gallery yamahon(三重)

出展者|作用

Gallery SU(東京)

OUTBOUND(東京)


トップへ戻る ▲