撮影|菅野康晴/工芸青花
「1月と7月」は、パリ6 区・サンジェルマン地区にあるうつわの店。日本で集めた古い物と、現代作家のうつわ作品をフランス人に紹介する傍ら、年に数回日本に戻り、フランスで買い付けたアンティークを骨董市などに出品、オンラインでも販売している。店主の多治見武昭(たじみ・たけあき)さんは1981年生まれ。高校卒業後、漫画専門古書店に勤務ののち、ひとりで立ち上げた出版社が軌道にのると34歳で単身パリに渡り、うつわの店を持った。突然2足のわらじを履くことになったきっかけは、当時頻繁に通っていたある古道具店主人のひとことだった。「多治見さん、パリで店をやってみたらどうですか?」
 ─────
──きっかけは「古道具坂田」だったそうですね。
多治見 「古道具坂田」に行くきっかけをくれたのは、西荻窪にあったうつわ店「魯山」の大嶌文彦さんでした。僕は高校を卒業して一人暮らしを始めたんですが、アルバイトで入った漫画専門古書店の仕事が忙しかったので、料理はしても食器はあまり持っていませんでした。ところが正社員を経て29歳の時にその会社の取締役になり、時間に余裕ができて料理をする時間が増えたので、手始めに『高山なおみの料理』という本を買いました。高山さんのレシピはスーパーにある食材で誰でも上手に作れるので楽しかったし、食器の雰囲気もよく(スタイリングは高橋みどりさん)、「食器、買おうかな」と。高校時代に読んだ『Pen』の特集にちょっと変わったうつわ店が載っていたことを思い出しました。その号を古本屋でわざわざ探し当てて、たどり着いたのが「魯山」でした。

──「変わった店」というのは?
多治見 内装はコンクリートむき出しで、店主はちょっと偏屈そう。だけど「面白そうだな、行ってみよう」という感じでした。最初に買ったのは掛江祐造さんの鉢。その後もときどき通って、少しずつ好きなうつわを増やしていきました。当時、雑誌や本の影響もあって「魯山」を知ったら誰もが自然と「古道具坂田」も知ったと思います。

──古道具より先にうつわへの興味があったんですね。
多治見 古いものでいうと、父が料理人だったので、その影響で母が古唐津や古伊万里をふだん使いしていました。古伊万里の四方皿にあじの干物を盛るような渋めの食卓だったので、子供の頃は「汚い皿だな」なんて思っていましたけど、いま思えば、僕にとってうつわの原風景ですね。

──古いものへの興味は「古道具坂田」がきっかけですか。
多治見 厳密にいうと「古道具坂田」と「tamiser」がきっかけです。どちらも会社を辞める少し前の28歳くらいから通うようになり、月に2回は足を運びました。「古道具坂田」を初めて訪れた日のことはとてもよく覚えています。まずは安価で使えるものをと韓国のスッカラと日本の琺瑯のレンゲを買いました。100年以上前のものだという質屋の紙に包んでくださったんですが、坂田さん、なんとお会計を間違われたんです。おつりが明らかに少なかった。でも「こういうお店ではきっと包装にお金がかかるんだ。価値のありそうな紙だし壁に飾ってもいいかも」と不思議と嫌な気持ちにはならず、むしろ面白いお店だなあといい気分で帰りました。だから1ヶ月もしないうちにまた足を運ぶんです。すると「ああ、よく来てくれました」と覚えていてくださって、保管されていたらしき封筒からあの時のおつりを出してくれました。封筒の表には坂田さんの字で「若い方、お忘れ」と書いてありました。

──なぜ「古道具坂田」と「tamiser」に特にひかれたのでしょう?
多治見 白い皿や銀のスプーン、木箱といった多くの人が選ぶものであっても、ひと目で「これは坂田さんが選んだものだ」「これは吉田昌太郎さん(tamiser 店主)が選んだものだ」と分かる「らしさ」があるからではないでしょうか。自分の稼ぎの中で自由に使えるお金は無限にあるわけではない。であれば、おふたりから買いたいと思うようになりました。実際いつ行っても、いいな、欲しいなというものがありました。

──パリに店を開いたいきさつは?
多治見 坂田さんがパリにお店を出そうとしていたという話は、何度も聞いていたんです。場所も内装もすでに腹案があったようですが、千葉に美術館「as it is」を建てる話が出て「僕はそちらを選んでしまったんですよね」と繰り返しおっしゃった。ある時「いまからでもやられてはどうですか?」とお伝えしてみました。すると「いやいや僕には日本での暮らしもあるし、全然無理ですよ。多治見さんが、やってみたらどうですか」と。もちろん最初は冗談だと思いました。でもいつもニコニコとお話される坂田さんが、この時はあまり笑わず真面目な顔をされていた。僕は当時出版社を立ち上げていましたが、社員は自分ひとり。日本でなくてもできるやり方をしていましたし、30歳すぎでそこそこ若く身軽に動けた。もちろん他の方にも同じ話をされていたと思うのですが、坂田さんがおっしゃるなら僕でもやれるということなのかもしれない。とにかくパリに行ってみようと思ったんです。フランス語はおろか、英語も話せないのに「それでは来週、パリに行ってみます!」と伝えました。僕の強みは「思ったことは、すぐやること」くらいなので。

──本当にその翌週に渡仏したのですか?
多治見 はい、行きました。坂田さんがお店を出すつもりだったサンジェルマン地区に宿をとって。最初の夜、ホテルを出て真っ先に歩いたのが、偶然にも、いまお店があるGrands Augustins通りです。次に歩いたBuci通りはブラスバンドが出ていて雰囲気がすごく良くて、一気にパリが好きになりました。10日間滞在してパリじゅうを歩きまわるうちに気持ちが固まったので、帰国してまもなく「サンジェルマンはいい雰囲気でした。お店の物件を探してみようと思います」と坂田さんに報告しました。坂田さんはいつも通りの様子で「ホウホウそうですか。いい物件がみつかるといいですね」という感じだったと思います。2014年のことです。早速物件探しを始めたのですが、翌年パリでテロが起きた影響で、思った以上に時間が掛かり、オープンは2016年の6月になりました。

──お店があるのはサンジェルマン地区のいい雰囲気の路地です。
多治見 ポンヌフ(ヌフ橋)から歩いてすぐ、1600年代の建物の1階です。25平米ほどの小さな店ですが、日本から持ち込んだ水屋簞笥や書棚、テーブルなど大小の古家具に新旧のうつわを並べています。お客さんは店内をゆっくり回遊しながら見てくれます。

──最初から、古道具と現代作家のうつわを取り扱ったのですか?
多治見 僕が作家ものをよく見ていたのもあってそれらを中心にと考えたこともありましたが、坂田さんがやろうとしていたのが日本の現代ものと古道具を混ぜた店だったんです。だからそうしました。現代ものは自宅の食器棚を見渡して、数の多い作家さんに声をかけました。二階堂明弘さん、廣谷ゆかりさん、渡辺隆之さんなどです。開店の準備をするうちに周りの方からのアドバイスもあって、日本のうつわをパリに持ってくることと、フランスの蚤の市で買ったものを日本で販売することの両輪で、日本とフランスを行ったり来たりしながらやることにしました。

──フランス人の反応は?
多治見 フランスでは、SNSの情報に頼る人があまり多くありません。通りすがりにふらりと立ち寄っていく方や、口コミで訪ねてくれる人の方が圧倒的に多いですね。その分、気に入ると何度も通ってくれます。周りにレストランが多いこともあって、映画監督や俳優がたまたまといった感じでふらりと入ってこられることもあり、パリでお店をしていなければなかった出会いで、面白いなと思います。「日本の陶芸作品はアートピースのように扱ったほうがフランス人に伝わるのではないか」という方もいますが、僕は食器屋でありたいんです。日本のふだん使いの食器文化は、間違いなく世界一です。そういう「日本の食器屋」がパリに存在することが面白いと思うんです。食器文化のエッセンスだけを抽出してうやうやしく並べる「ギャラリー」になってはいけない。

──多治見さんにとって食器屋とギャラリーの違いは?
多治見 食器屋は「ものが安くて物量も多くたくさん売る」、ギャラリーは「メッセージやストーリーとともにものを売る」という違いではないでしょうか。手に取れる値段というのは大事なことです。茶陶や壺、オブジェに絞ったギャラリーはパリにもあります。でも僕は日常的に使える食器や古物を扱いたい。お店の作り方は大嶌さんの考えにも近いと思います。大嶌さんが「たかが食器なんだからさ」とおっしゃったことが印象に残っています。それには続きがあって「でもされど食器なんだよ、だからいいのになあ」と。「商品はある程度ごちゃっとないとダメ。展示会も年に1回はやったほうがいい」とも。だから僕も買える値段のものをいろいろと置いて、年に1回は作家をパリに呼んで展示会をしています。

──古物の時代や伝来、製法など背景について詳しく調べるほうですか。
多治見 ある程度は調べますが「気になる」という感覚を優先しています。フランス人に対しては説明が大事というアドバイスももらうんですが、言えば言うほどつまらなくなるような気がして。聞かれたら答えられるようにはしています。

──古物についてコレクター気質はありますか。
多治見 ありますね。気に入ったものは手元に残したくなるので、買い付けたものはすべて手放すというルールを設けています。自分が使っている古物や現代ものは、すべて「tamiser」など他店や作家の個展で買ったものです。

──出版業との両立はどのように?
多治見 「1月と7月」という店名は経営している出版社の名前でもあるんです。漫画雑誌を年2回、1月と7月に発行していました。いまはイラストレーターの画集や数学書など年に4冊ほど発行します。出版もうつわ店も作家という才能を見つけてきて「この人、面白いですよ」と伝える仕事。考え方は一緒なので両立は難しくないです。

──今後はどんな風にしていきたいですか。
多治見 僕は本やお店という空間を編集しているだけで、僕自身に特殊な能力はないんです。だから人に与えられる影響なんてほとんどないとは思うんですが、うちで買ったうつわを通して、どこかで、何かのきっかけで話が弾むようなことがあったり、誰かにとって何かの糧や行動のきっかけになるかもしれない。そうなれば嬉しいし、そうならなくてもいい。それで十分だと思っています。どちらもいまのまま長く続けられたらいいなと思っています。






写真|1月と7月
1月と7月
11 Rue des Grands Augustins 75006 Paris
https://1to7.fr


前の記事へ  次の記事へ
トップへ戻る ▲