工芸青花 kogei-seika





撮影=森岡督行

9月1日(土)

山形ビエンナーレ開幕。私は主に、「畏敬と工芸」の部屋で、沖潤子さん、サカキトモコさん、橋本雅也さんの作品の解説を行う。この部屋では、現代作家にフォーカスをあて、自然への畏敬が感じられる作品を展示した。展示する作品は、山形という土地で開催する以上、山形の風土に根ざしたものにしたいと考えた。出品作家の沖潤子、サカキトモコ、橋本雅也の3人は、偶然にも神奈川県在住だが、3人の作品には、湯殿山の神秘に通じる世界観があると思っている。聞かず語らずの湯殿山。沖潤子の縫い目の軌跡とサカキトモコの「種子の起源~包〜」のシリーズには、共通して女性性が感じられ、あたかもそこから世界が生まれ出るようだ。また沖潤子は作品を「変容を続ける自身の皮膚」と表現し、サカキトモコの「麦藁と草糸の彫刻」は、天と地を結ぶ生命の循環の象徴として制作された。橋本雅也の「片影/鳥 」の素材となったクリの木は、かつて田の水路で土を止める杭棒として使われていたもの。長きにわたり地中に埋もれていた木片が、かたちをかえて、命をふきかえす。鳥が飛び立つ先は未来なのかもしれない。最終の新幹線で東京に戻る。


9月3日(月)

午前10時、泊昭雄さんの『BEACH』展の搬入・飾りつけを行う。


9月4日(火)

中学校の保護者会に参加する。


9月5日(水)

午前10時、大丸東京店にて大丸のオリジナルブランドのトラジャンでオーダースーツをつくる。ブラックの生地を選ぶ。スープストックトーキョー八重洲店で、設置を確認する。


9月6日(木)

銀座の資生堂ビルへ。畠山直哉さん、流麻仁果さんとアートエッグの賞の審査会を行う。畠山直哉さんと流まにかさんと3時間ほど議論。今回、3人の作家とも、インスタレーションを通して自身の世界観を観衆に問う展示だった。私が審査員に選ばれた理由は、2016年に開催された『そばにいる工芸』展で企画協力を行い、あの空間をどのように使うか、真剣に向き合った経験があるからだろう。すでに、350名の応募のなかから選ばれた3名であり、「はっきりした意図を持ち、積み重ねてきた思考」が評価されていた。審査が難航した理由を私なり考えると、3人の作家ともに、本来芸術にとって必要な、内発性と独自性を持っていたからに他ならない。


9月7日(金)

14時中目黒スマイルズにて文喫の企画会議。その後、徒歩で恵比寿のコンフィーニュに移動して、嶋崎さんと企画の打ち合わせを行う。


9月8日(土)

夕方、阿佐ケ谷駅付近のスターバックスコーヒーにてでフォトグラファーの白石和宏さんと合流し、新しく出版する写真集の打ち合わせを行う。


9月11日(火)

銀座の三笠会館でスティルウォーターの石原さん、青木さんと合流し、サンモトヤマに向かい、フリーペーパーのサンレターで書籍紹介をする企画の打ち合わせを行う。


9月13日(木)

14時、中目黒のスマイルズにて文喫のオープニングについて相談。


9月14日(金)

夜、中目黒のスマイルズにて、電通の社員の方々による新しいビジネスを提案する会合に参加。介護用のベッドをつくる案や、アートのセカンドマーケットの新しいあり方などが提案される。その後、パビリオンで会食。


9月15日(土)

朝の新幹線で山形に到着。山形駅で30分後の新幹線で到着する三谷龍二さんと皆川明さんを出迎える。GATTAの鈴木伸夫さんとも合流しビエンナーレの各会場をめぐる。荒井良二さんの「山のヨーナ」は、必要ではないけれど、なんとなく置いてあるもの、なくてもいいんだけど、しまってあるものと、ヨーナがつくる人形を交換できる絵本の中の世界。ちょうど荒井さんがライブを行っていて、短い時期だったが、その世界観を体験する。夜にとんがりビルにてトークイベント。〈日用美品とは〉がテーマ。5月末の松本六九クラフトストリートでの対談をふまえて、あらためてそれぞれが選んだ〈日用美品〉を持ち寄った。


9月16日(日)

朝、東北芸術工科大学で開催されている山形ビエンナーレを見学。三瀬夏之介さんと遭遇。古代に山形盆地にあったと言われている湖の「藻が海」をテーマにした東北画の可能性について、少々話をする。その後寒河江市の自宅へ向かう。


9月20日(木)

午後、銀座某所にての銀座のあらしい大規模開発についての説明をきく。夕方、新宿ゴールデン街にて某紙で連載が可能かどうかの相談。仕事の量としてはいま限界に達しているだろう。その後、愛をテーマにした歌舞伎町ブックセンターに移動してビールを飲む。


9月23日(日)

本年は、shiseido art egg賞の審査員を務めているが、今日はその審査会。3時間以上にわたる審査会を経て、今回は宇多村英恵さんの「戦争と休日」展に賞をもらっていただくことになった。宇多村さんおめでとうございます。自分なりの審査基準は、一つ目は内発的である事、どうしてもそれをしなくてはいけない衝動があるか。二つ目はオリジナルである事、他の誰も行っていないか。今回は3名の作家から一人を選んだが、3名とも条件をクリアしていたので、審査会は、大激論になった。ある意味、作家と同様に、こちらの力量が試された。来年は資生堂ギャラリーが100周年をむかえる。名実ともに銀座の文化を牽引してきたと言ってよいだろう。新しい美の発見という、資生堂ギャラリーの役割を果た すためどんな展覧会が催されるのだろうか。これからも期待される。


9月24日(月)

山形ビエンナーレの最終日。2014年にはじまった山形ビエンナーレは、東日本大震災の後、東北地方においてどのような芸術祭が可能かという課題をテーマの一つにした。それを受けて、今回は、工芸に現れた自然への「畏れ」や「敬い」のかたちを、1年半かけて30人の市民と一緒に探求した結果を展示した。米沢市に伝わる「けずり花」は、雪深い米沢にあって、冬でも墓前に飾れる花としてつくられたものだった。展示した郷土玩具の「お鷹ぽっぽ」は、調査の過程で発見した明治期のかたちを復刻ものだった。立案は自分がしたものの、展覧会が成立したのは参加したメンバーのおかげだった。携わってくださった方々に重ねてお礼を申し上げます。


9月25日(火)

HISの企画で中国の旅行者の方々に講演を行う。無印良品、セブンイレブン、ユニクロ、イオンの方と私という順番。夕方、店舗に戻る。たまたま店内にたお客さんと斜向かいの「麹屋三四郎酒舗」へ。チーズといぶりがっこをあてに日本酒を傾けながら、本や工芸の話をする。となりに座っていた常連さんが合流し、糸井重里さんの素晴らしさについて話す。店主の藤田さんは気さくな方で、山菜があまったときなど、おすそわけしてくださる。


9月26日(水)

午後、神田錦町にて生活工芸美術館の相談。ガラス張りの天高7メートルの60坪の空間に、中村好文さんの小屋を設置して、その中に、展示室を設ける案を提唱。急ぎ、どれくらい予算が必要かを試算する。夜、銀座ルパンにて某社の方と香水企画が可能かどうかの相談。


9月27日(木)

11時半、森岡書店の定例会を銀座の店舗で行う。15時、雑誌『男の隠れ家』の書店特集の取材を受ける。19時半、青山に移動し、ごはんやパロルにて生活工芸美術館の相談をしながら会食を行う。器のほとんどが黒田泰蔵さんの作品。


9月28日(金)

中村活字店は、駅から森岡書店に向かう動線上にあるから、ときどき前を通る。明治43年・1910年創業の老舗で、当主の中村明久さんはとても朗らか。今日もガラス越しに挨拶をする。文豪も出入りした老舗だが、誰にでも門戸を開いてお願いを聞いてくださる人柄が素晴らしい。自分もそんなふうに年をとりたいと誕生日におもう。


9月29日(土)

先日の生活工芸美術館建造計画の必要予算は、少なく見積もっても6000万円と出た。該当物件は、これまでの話し合いで、家賃が共益費だけにさがっている。自分が契約するかどうかの返答の期限は12月末日。最低でもこの金額を12月末日までに集めなくてはならない。


9月30日(日)

鈴木ビル2階にて、画家の日高理恵子さんと編集者の須山実さんのトークイベントを開催する。台風接近でJRが20時で止まってしまうなど、一時は開催が危ぶまたが、ふたを開けてみたら超満員のお客様に恵まれる。日高理恵子さんは30年以上も樹を見上げて、樹を描いてきた画家。見ることと描き続けることについて台風が来る直前の1時間半。


前の日記へ

森岡督行 yoshiyuki morioka

「森岡書店」主人。1974年山形県生れ。著書に『BOOKS ON JAPAN 1931-1972 日本の対外宣伝グラフ誌』(ビー・エヌ・エヌ新社)、『写真集 誰かに贈りたくなる108冊』(平凡社)、『荒野の古本屋』(晶文社)、『東京旧市街地を歩く』(エクスナレッジ)など。「青花の会」編集委員。
facebook:yoshiyuki.morioka.7


過去の日記

2013.04.01–2014.03.31

2014.04.01–28

2014.05.01–31

2014.06.01–30

2014.07.02–30

2014.08.02–31

2014.09.02–30

2014.10.04–31

2014.11.02–27

2014.12.01–29

2015.01.01–31

2015.02.02–27

2015.03.01–31

2015.04.01–30

2015.05.01–31

2016.11.01–30

2016.12.01–31

2017.01.01–31

2017.03.01–31

2017.04.01–30

2017.05.01–31

2017.06.01–30

2017.07.01–31

2017.08.01–31

2017.09.01–30

2017.10.02–30

2017.11.01–30

2017.12.01–28

2018.01.03–28

2018.01.29–02.23

2018.03.01–30

2018.04.02–30

2018.05.03–30

2018.06.01–29

2018.07.02–30

2018.08.01–31

2018.09.01–30

トップへ戻る ▲