撮影|森岡督行(2点とも)

12月1日(日)

午前、池袋へ。植田志保さんのウイロードの完成式典に参加。当初は、新しい建材で壁を覆う案が出ていたが、植田さんの意見で、壁に直接ドローイングする方法に変更になった。そのことに対して区長が感謝の意を表す。式典のあと、黒川彰さんと吉田知哉さんとウイロードを歩き、西口の喫茶店伯爵にてナポリタンをいただく。午後、長野史子作品集『Fumiko Nagano GLASS WORKS』出版記念展の最終日。20時までお客様をお迎えする。


12月2日(月)

今日は版画家のアトリエを訪ねて取材をした。そのアトリエの写真もある。しかし、私は本当にそこに行ったのだろうか。私にいくつか分身がいて、そのうちの一人が仕事したのではないだろうか。寝る間にそんなことを考える。とにかくこんなに記憶が混乱したことは今までなかったので、怪しい思いがする。


12月3日(火)

川地あや香さんの『おやつとスプーン』出版記念展。午前中からお客様が列を作ることが予想されたために、整理券を準備する。準備したクッキーはすぐに完売。夕方から店内でトークイベントを行う。川地さんの場合はお菓子と金工の二つの活動を行なうことに意味があるという。自分のなかにいくつかの自分がいるという考え方。時と場合によって現れ方がちがう。金工作家の自分がお菓子作家の自分に投資している。またはその反対。


12月4日(水)

13時、銀座7丁目の資生堂本社へ。銀座についての書籍が企画できるかどうかの検討を改めて行う。その後編集者のAさんと一緒にライカ銀座店で行われているソウル・ライターの写真展をみる。その後日比谷線に乗って広尾駅へ。 聖心女子大学のBE*hiveにて田窪恭治の壁画「黄金の林檎」を見る。解説文を書いた小川糸さんの『ミトン』文庫版が発売になる。


12月9日(月)

夕方、山野アンダーソン陽子さんとサンドラさんがストックホルムからお見えになり「NOIR」展の搬入を行う。黒の本と黒のガラスの展示。その後、銀座2丁目のヨシモリで焼き鳥をいただく。


*続きは以下より御購読ください
https://shop.kogei-seika.jp/products/detail.php?product_id=432
*青花会員は無料でお読みいただけます(毎月の御案内メイルに添付しています)




前の日記へ
トップへ戻る ▲