青花とは染付(blue-and-white porcelain)のこと。昨秋は12人の会員の方々にお願いして、「工芸と白」「工芸と青」展を開催しました。今年は「白と青」展です。監修は森岡書店の森岡督行さん(青花会員)。「暮し」と「思い出」という視点から、服と工芸をかさねあわせて考える、という展示です。


会期|11月29・30・12月1・2日(木金土日)
   12月6・7・8・9日(木金土日)
   *11月29日は青花会員と御同伴者のみ
時間|13-19時
会場|工芸青花
   東京都新宿区横寺町31-13 一水寮101(神楽坂)
監修|森岡督行(書店主)







森岡服店   森岡督行


『「生活工芸」とその時代』(新潮社)のなかで、桃居の広瀬一郎さんは、「工芸30年」説を展開されました。それは、工芸の潮流を辿ると、30年周期で区切りがあるという見解。広瀬さんによれば、次の節目は2020年に訪れます。図らずも、元号が代わり、東京オリンピックも開催され、確かに何かが変わる予感がします。明治大正昭和それぞれのイメージが違うように。「生活工芸」は1990年代に端を発し、今日、たくさんの人々に親しまれています。それが今後どのように変化するというのでしょうか。

そもそも「生活工芸」という言葉はいまだ流動的です。作家の手仕事によるもの。それでいて作家の個性が弱いかたち。シンプル。ふつうの住宅で実際に使うことを想定している。それゆえ、ふつうの暮らしの空間と時間を豊かにする。比較的安価。「大きな物語」をあえて持たない。美術と境のない関係。心にも作用する。これらが「生活工芸」の特徴としてあげられます。ここ20年来、「生活工芸」の展覧会は大変な人気を博し、作品は各家庭や部屋に迎え入れられました。

これを換言するとどうなるでしょうか。私は、「生活工芸」の逸品は各家庭や部屋に収蔵され、そこで、それぞれの経年変化が生じ、思い出が付されていると考えます。いわば、「ものを超えた存在」になっていると。もしかしたら作家と伴走する感覚もあるかもしれません。もし広瀬さんの工芸30年説が正しいとしたら、私は、ここに「生活工芸」の次があるような気がしています。つまり、現状の「生活工芸」にこの視点が加わり、「生活工芸」はあらたな30年を迎えると。

今回、白と青展を企画させていただくにあたり、私は、この観点をベースにしたいと考えました。自分の経験に即し、「ものを超えた存在」になりうる服を展示販売したいと思います。いってみれば、「森岡服店」の営業。もちろん、白と青が基調。服の販売を通して、上記の意見の是非もお聞きかせいただければ幸甚です。


201705

201706

201707

201708

201709

201710

201711

201801

201802

201803

201804

201805

201806

201807

201808

201809-1

201809-2

201810

201811

トップへ戻る ▲