2018年1月につづき、2019年も「生活工芸」展をおこないます。前回のテーマは「ふつう」でした。今回は「ふぞろい」。前回の辻和美さんの出品作「duralex picardie reproduction」(上)をみて考えたことでした。大量生産の工業製品を手工芸で写すこと。つまり普遍(ふつう)でありつつ特殊(ふぞろい)でもあること。それが「生活工芸」の作家たちが今世紀初頭におこなったことでした。それは、その自覚的な不合理性において、手工芸の「歴史の終り」をつげるものではなかったかと、このごろ思うようになりました。


会期|1月31・2月1・2・3日(木金土日)
   2月7・8・9・10日(木金土日)
   *1月31日−2月2日は展示のみ(販売なし)
   *2月3日は青花会員と御同伴者のみ
時間|13-19時
会場|工芸青花
   東京都新宿区横寺町31-13 一水寮101(神楽坂)
出品|安藤雅信(陶)
   辻和美(ガラス)
   三谷龍二(木工)


講座|安藤雅信|「生活工芸」と私
日時|1月31日(木)19時半-21時半
会場|一水寮悠庵
   東京都新宿区横寺町31-13(神楽坂)
定員|25名
会費|3500円










201705

201706

201707

201708

201709

201710

201711

201801

201802

201803

201804

201805

201806

201807

201808

201809-1

201809-2

201810

201811

201901

トップへ戻る ▲