仕事で東京に滞在していたこともあり、さる8月4日、ビッグサイトで開催された “Maker Faire Tokyo” を訪ねました。この展覧会はテクノロジーを「手を動かし、つくる」ことを介してアートやクラフト、そして社会に結びつける「作り手」“Maker”たちが集うお祭りです。いわゆるモーターショウ的な大規模メーカーの出展よりも、個人や少人数のグループによる、完成度ではなくアイデアの鮮度を重視した展示が多いこと、こどもたちを積極的に受け入れ、積み木を組むような簡易さで科学的思考の基礎を身につけることのできる参加型のイベントが多いことなどに特徴があります。

会場ではまず、米国におけるMakerムーブメントの発信源、雑誌 “Make:”の編集長・Mike Senese氏による「共有することの価値(The Value of Sharing)」、ならびに情報科学芸術大学院大学 (IAMAS) 教授・小林茂氏による「テクノロジーの“辺境”」といった講演を聴きました。前者は、使い手と作り手の境界を越えて参加を促す気風、手を動かすコミュニティ、そして各自の試みを共有することが“Maker”たちの活動の基礎となっている、と指摘し、後者は「枯れた技術」が社会にもたらす影響について語りました。つまり、これまで安価な既製品に身体を合わせるか、さもなくば高価なオーダーメイドを注文するしかなかったような製品が、3Dプリンターや仕様の公開された小さなセンサー、深層学習プログラムなどといった、単純に扱え・安定して運用可能であり・普及することで安価となった「枯れた」技術の組み合わせにより、小ロットかつ安価に作れるようになる。ひいては、本来と異なる用途と結びつくことによって、介護や育児、環境保全や農業といった社会的課題への解決策を持続的に提示することが可能となる、と。確かにその萌芽が満ちていることを感じられる会場でした。

思うに、このような動きは「マイナスの産業革命」とも呼びうるのではないでしょうか。つまり、イノベーションと呼ばれる技術的な大波によって、これまで過渡的に用いられていた手法、技術、道具という「叡智を注ぎ込まれながらもすぐに役に立たなくなる機械、又は役に立つ時間の限られる機械(二俣公一)」が浚われていくことにより、これまで古いと思われていた、必然性だけで出来たもの、独自の体験・感覚を与えうるもの、つまり「枯れた」ものが取り残され、新たな視点で価値を見いだされるようになる。あるいはまた、道具が身体との結びつきを失わないままに、感覚を拡張することを可能にすることで、今まで閾値以下として拾えなかったノイズが拾えるようになる。ノイズを消すために用いられていた技術が、むしろ人馬一体となしうる道具を生み出す契機ともなる。これもまた、逆説的にイノベーションと呼びうるかもしれません。

とはいえ、製造革命万歳、これからは巨大製造業だけではなく、すべての個人(アマチュア、と呼んでも良いかもしれません)が自分のためのものづくりができるようになる、というのはいささか楽観的にすぎるでしょう。かつてインターネット黎明期には、将来、個人が情報発信を行うことで知識はすべてネットワーク上に提示され、知識がすべての人に開かれる、あるいは自宅に居ながらにしてリモートワークが可能になることにより、皆が通勤の苦役から解放され、都市はその役割を終え、フラットな社会が来る、などといった予測もありましたが、まったくそうはなっていません。何かを調べようと検索を行えば、広告とSNSに汚染されたゴミのような情報をかき分けねばならず、都市もまた、すぐに会える、という都市であるゆえの強みをいや増し、高齢化した周辺地域は過疎化を進めている、というのが現状です。

それは工芸という分野においても同じです。今こそ個人によるものづくりの時代が到来した、というわけではまったくなく、「枯れた技術」を通してアマチュアのように観察し、すぐに手を動かせるプロフェッショナルが仕事の強度をより増す、というだけの話です。参入障壁が低くなることと、仕事の価値が失われることに必ずしも相関はありません。むしろ僕にはこのごろ、これまでのような、公募展やクラフトフェアなどによって成立してきた「個人作家の時代」が終わりつつあるように見えるのです。

たとえば焼きものに関していえば、かつてのような規模を維持できなくなった陶土や釉薬などの窯業材料を取り扱う業者、そして築窯技術者が減少し、また、燃料・材料の調達コストが上昇していくことにより、個人が土や釉薬を業者から細かい単位で買って調整し、小容量のガス窯・灯油窯で細かいロットで焚く、ということが難しくなりつつある。もちろん、小ロットでの材料確保はインターネットを通じて可能ではあるけれど、単価が高くなるために採算が取れる水準で維持することは難しい。結果、出したい色や形のために素材を用意するのではなく、用意しやすい素材に色や形をあわせていかざるを得なくなり、それは同時に、個展ごとに作風を変える、といった変化をも困難にしていく。

とすれば、この先に残るのは、材料をある程度自製ないし購入できる大規模窯業、製造コストを無視しうる高い価格での販売が可能な特定の個人窯、あるいは、共同自製・購入を行うためにゆるやかな連帯を行う個人作家の互助的集団、となってくるのかもしれません。もちろん、輸送コストの上昇を考慮すると、作家同士そう離れるわけにもいかないので、おたがい付かず離れずの距離となる。かつ、消費地ともそう離れるわけにはいかない。そのせいかどうかはわかりませんが、沖縄では個人作家が協力のもとに共同窯を築く動きが活発化し、熊本や福岡でも窯業材料の共同購入を行ない融通し合う複数の個人窯の話、自分が望む質の土を確保するために地域の組合に入り直す個人作家の話などを聞いています。観測できる狭い範囲の話ではありますが、どうも、もう一度「産地」というものが生まれつつあるのではないか、再構築されようとしているのではないか。「炭鉱のカナリア」のように小さな工芸店には、そんな気配が伝わってきます。

都市は都市化を進め、産地は再び産地であることを取り戻す。「農村包囲城市(毛沢東)」ならぬ、産地が都市を包囲する、かも、しれない。もちろん、都市の中に流通コストの低さを生かして新たな産地が生まれるのかもしれない。そして僕は、こういった動きこそ、産業社会の“辺境”に生きる「枯れた」存在としての工芸が向かう、明るい未来として受け入れたいと思っているのです。




前の記事へ  次の記事へ
トップへ戻る ▲