今年の土用の丑の日は7月27日でした。ご存知の通り、「う」のつくものを食べると良いから、という理由で、うなぎが売れる日です。

とはいえ、うなぎを取り巻く状況ははなはだ不穏です。環境省やIUCN・国際自然保護連合によって「絶滅危惧IB類(絶滅危惧IA類ほどではないが、近い将来における野生での絶滅の危険性が高い種)」にニホンウナギが指定され、しかも卵から稚魚、そして成魚まで持続的に養殖できる完全養殖にはほど遠い状況であるにもかかわらず、稚魚の漁獲高制限は実情を反映することなく、年々減り続ける漁獲高をはるかに超える数値に設定されており、まったく意味をなしていない。さらには、養殖に用いられる稚魚の半数以上は密漁、密輸入を介して取得されたものであり、反社会組織の資金源とすらなっている。それだけでも良い印象は持てません。もちろん、この状況に加担しているのは生産側だけではなく、科学的検証のできない稚魚放流や実効性の乏しい河川への器具設置などを「対策」とうたい、我々は保全に寄与している、と称してイメージをよく見せつつも、実際は違法状態のうなぎを取り扱う流通業者や、うすうすは状況の悪化に気づいていながらも、目の前にあるんだから廃棄されたら無駄になる、と開き直って売上実績を積み重ね、翌年の仕入れ予定数を高止まりさせる僕ら消費者も同じです。「共有地の悲劇」、つまり不特定多数が利用できる共有資源が制限なく利用され、枯渇を招く事例についての、なかなかわかりやすい具体例を示してくれています。

とはいえ、この現状を声高に言いたてて、誰かに対して批難めかしいことをいうつもりはありません。リョコウバトやドードーもさぞかしおいしかったんだろうな、つくづく僕らの住む社会構造は、欲望の調整ができないように設計されているな、と思いはしますが、それを「正しさ」で管理できる、管理するべきとは思えない。とある水産資源の研究者は、このような状況を止めうるのは、むしろ「後ろめたさ」の共有しかないのでは、と述べています。

そしてここから連想するのは、工芸だって同じだよな、ということであり、「工芸の稚魚」の乱獲をおさえることはできないかしら、ということです。ものを作ることを禁じるのではなく、まだ大きく育っていないものまでを、売ったり買ったりするためだけに、美しい、素晴らしい、なんて言及することを後ろめたく思うようにはならないものかなあ、と。僕は「目利き」というものの存在をあまり重要と思っていないのですが、もし目利きに存在意義があるとすれば、美醜の審判者としてだけではなく、生育状況の判断者としての役割を期待したい。いわば食通的な、これが美味い、あれは不味いということよりも、むしろ鍋奉行的な、まだ煮えてないよ、もう煮えてるから今が食べごろだよ、もうこれくらいで雑炊にしよう、といってくれる、場を見ながらサーブしてくれる存在として。

いずれにせよ、工芸だってきっと「近い将来における野生での」生息が難しくなりつつある、絶滅危惧種ではないでしょうか。出てきたばかりの若い作り手を実績もないのに青田買いして、良さげな言葉を振りかけて売ってしまうことを繰り返してきたあまり、工芸という場に生まれる仕事がどうもこのごろ痩せてきてはいないでしょうか。小さな芽の段階でも、たくさん摘み取って量を売るほうが儲かる、無くなれば似たような別のものを売れば良いという店、無くなるならば今のうちに、と殺到する消費者や、それを見越して買う権利を高く吊り上げる販売店、工芸産地の自立と存続に寄与するとうたいながら、「成功事例の共有」の名のもと、どことでも交換可能となる大量かつ均質な製品の生産と納品を強いる業界団体。これ、うなぎやマグロ、サンマなどの枯渇しつつある水産資源と何が違うのでしょう。

昔の方が大きな仕事が多かった、良かった、という回顧ではありません。以前の方が乱獲は激しかったうえに、その当時に「稚魚」の保護など意識すらされてはいなかった。ただ、網の目は粗雑だったのですり抜けられていたし、再生可能なだけの数がまだあった。そして、この状況に甘んじて生産から流通、消費までがその構造を自制することなく拡大し、良い個体を獲り尽くした結果が今、という話です。

ちなみに、僕は先のような状況を知ってから、うなぎを食べられなくなってしまいました。それは繊細さを演じたいわけではなく、正義の側に立ちたい、という欲望ゆえでもありません。むしろ、自分がやっているような仕事、自分のような人間はうなぎと同じように絶滅させられる側だな、と思うので、滅ぼされたくない、という恐怖からです。しばらくは、育ち、育てるターンに入りたい。


前の記事へ  次の記事へ
トップへ戻る ▲