20160928

9月23日(金)、自由学園明日館(池袋)にて、青柳恵介さんの講座「古筆で読む和歌1」を開催しました。この講座では、古筆切(今回は石山切)を鑑賞したのち、影印本で古い和歌(今回は『古今和歌集』詠人知らずの恋歌)を読んでゆきます。つまり、「美術」と「文学」鑑賞の二本立てになります。

影印本というのは、翻刻ではなく古い底本をそのまま複写したものです。青柳さんによれば、影印本を使えば変体仮名も読めるようになるとのことでしたが、果たして。

「冷泉家時雨亭叢書」にある、藤原定家自筆の古今和歌集の影印本が、今回の教科書です。定家の仮名は、同じ字母(もとになる漢字)を使うのでわかりやすいそうで、いくつかポイントを教えていただくと、確かに初心者でも少しずつ読めるように……。活字とは違い、一語、一文字を噛み締めるようにゆっくり読むので「自然に身体に入ってくる」と青柳さんがおっしゃるような鑑賞体験ができました。

いくつかの歌を鑑賞しつつ、万葉集とのつながりを感じさせることや、政治的・文化的背景なども説明していただきました。

次回は「小野小町の恋歌+高野切」です。定家の書で読むことを予定しています。ぜひ御参加ください。U
https://shop.kogei-seika.jp/products/detail.php?product_id=121




20160925

『工芸青花』(年3回刊)の新刊6号ができあがりました。まず会員の方々へ、今週末−来週初に発送します。今号の内容は以下です。よろしくお願いします。S
https://shop.kogei-seika.jp/products/detail.php?product_id=122

『工芸青花』6号
■2016年9月30日刊
■A4判/麻布張り上製本/見返し和紙(楮紙)/カラー176頁
■インディゴ染の古布(アメリカ)を貼付したページあり
■限定1000部
■目次
1|李朝と私
2|スペインのロマネスクーレオンのサン・イシドロ聖堂
3|数寄屋とはなにかー八勝館御幸の間
4|青花と私
5|意中の美術館
6|民芸と私
□|世界の布
□|精華抄




20160919

9月15日(木)夜、自由学園明日館(池袋)にて、河島思朗さんの講座「古代ギリシア・ローマ神話14」を開催しました。今回は「海神ポセイドンの物語」です。

ポセイドン(ネプチューン)といえばギリシア神話の海の神として有名ですが、じつは大地の神でもあります。なぜか。答えのひとつは、エーゲ海に先住していたペラスゴイ人の信仰の反映という説。ポセイドンが都市の主神を決める争いで負けてばかりなのも、土地を追われ離散したペラスゴイ人の歴史の反映と思うと、物悲しさを帯びます。

次回は10月20日(木)、冥府の神ハーデースがテーマです。ギリシア人の死生観に迫ります。U
https://shop.kogei-seika.jp/products/detail.php?product_id=120




20160917

今日は多治見のギャルリももぐさへ。三谷龍二展(10月2日まで)。三谷さんの白漆の皿は絵画のようにみることができます。夕方から三谷さんとももぐさの安藤雅信さんの対談。テーマは『「生活工芸」の時代』という本のことでした(かつて編集しました)。欧米や中国、台湾での展観がつづくふたりですが、日本とおなじようにやりたい、むこうにはないものなのだから、という三谷さんの冷静さが印象的でした。S




20160916

東京アートブックフェア(TABF)にはじめて参加しました。今日から4日間(19日まで)。みたくなる本がたくさんあります。S
http://tokyoartbookfair.com/




20160912

先週10日(土)は花人の川瀬敏郎さんの講座「日本の花2|京都教室」でした。『専応口伝』をはじめとする花伝書の読解、そしてつぎつぎといけかわる秋の草花。川瀬さん、いらしてくださったみなさん、ありがとうございました。

会場にお借りしている思文閣京都では、いま、畠山耕治さんの個展「青銅」がひらかれています(18日まで。その後銀座へ巡回)。
http://www.shibunkaku.co.jp/gallery/
hatakeyama2016.html


青花の講座、今週15日(木)夜は古典学者・河島思朗さんの「ギリシア・ローマ神話」です。現代のヨーロッパ、中東を理解するうえでも役立つ歴史的観点もふくまれています。はじめての方もぜひ御参加ください。S
https://shop.kogei-seika.jp/products/detail.php?product_id=112




20160909

10月の催事をお知らせします。講座「工芸と私」、次回は西麻布「桃居」の広瀬一郎さんです。

■講座|工芸と私7|広瀬一郎|「桃居」という店のありかた
□10月9日(日)15時@MGP矢来スタジオ(神楽坂)
https://shop.kogei-seika.jp/products/detail.php?product_id=118

■講座|金沢百枝|キリスト教美術をたのしむ19|スペインのロマネスク
□10月13日(木)18時半@自由学園明日館ホール(池袋)
https://shop.kogei-seika.jp/products/detail.php?product_id=119

■講座|河島思朗|ギリシア・ローマ神話15|冥府の神ハーデース
□10月20日(木)18時半@自由学園明日館(池袋)
https://shop.kogei-seika.jp/products/detail.php?product_id=120

■講座|青柳恵介|古筆で読む和歌2|小野小町の恋歌+高野切
□10月26日(水)18時半@自由学園明日館(池袋)
https://shop.kogei-seika.jp/products/detail.php?product_id=121

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
以下も引続き募集しております。

■講座|河島思朗|ギリシア・ローマ神話14|海神ポセイドンの物語
□9月15日(木)18時半@自由学園明日館(池袋)
https://shop.kogei-seika.jp/products/detail.php?product_id=112

■講座|青柳恵介|古筆で読む和歌1|古今和歌集のよみ人知らずの恋歌+石山切
□9月23日(金)18時半@自由学園明日館(池袋)
https://shop.kogei-seika.jp/products/detail.php?product_id=113

■講座|金沢百枝|キリスト教美術をたのしむ18|中世ヨーロッパの世界地図
□9月29日(木)18時半@自由学園明日館ホール(池袋)
https://shop.kogei-seika.jp/products/detail.php?product_id=114

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
以下のフェアに参加します。

■THE TOKYO ART BOOK FAIR 2016
□9月16日(金)‐19日(月祝)@京都造形大+東北芸工大/外苑キャンパス(東京北青山)
http://tokyoartbookfair.com/

よろしくお願いいたします。S




20160908

9月1日(金)夜、MGP矢来スタジオ(神楽坂)にて「工芸と私6」を開催しました。昨年『民藝のインティマシー』(明治大学出版会)を著した哲学者の鞍田崇さん、福岡で「工藝風向」を営む高木崇雄さんの対談で、テーマは「民芸を語る理由」です。

近年はかつてに比べて、工芸を語る際に「民芸」に言及する人が多い気がするが……という話に対して、鞍田さんは、民芸を使う/考えることは、身近なところから少しずつ社会を変えてゆくことにつながり、それが現代人の心に響くのではないか、と答えます。高木さんは、そもそも柳宗悦の民芸運動は、美術工芸の制度化/近代化に対するアンチテーゼではあったけれど、それだけでなく、社会改革の側面もあると指摘しました。

会の後半は、柳が晩年に著した『美の法門』について、日本民藝館の月森俊文さんも加わり、白熱した議論が行なわれました。『美の法門』については、もうすぐ刊行する『工芸青花』6号で、月森さんに御執筆いただいています。

青花の講座、来週は古典学者・河島思朗さんの「ギリシア・ローマ神話|海神ポセイドンの物語」です(@池袋・明日館)。講師の方と御参加の皆さんとの対話も楽しみです。お待ちしております。U
https://shop.kogei-seika.jp/products/detail.php?product_id=112




前月へ  翌月へ


2016.01

2016.02

2016.03

2016.04

2016.05

2016.06

2016.07

2016.08

2016.09

2016.10

2016.11

2016.12

2017.01

2017.02

2017.03

2017.04

2017.05

2017.06

2017.07

2017.08

2017.09

2017.10

2017.11

2017.12

2018.01

2018.02

2018.03

2018.04

トップへ戻る ▲