20220518

■青花の会|骨董祭2022
□6月10−12日(金土日)@√K Contemporary(牛込神楽坂)
*10日は内覧会(青花会員及び御招待者。販売有)
https://www.kogei-seika.jp/seikafes/2022.html

出展者の推奨品(6月10−11日用)を紹介しています。

■中上
https://nara-nakagami.com/ja/

銀製木瓜形水滴 藤原時代末−鎌倉時代初 幅7.5cm

水滴には稀な銀製で、院政期のよすがを感じさせる品です。平安の石造美術のようなあたたかなフォルムに思わず目が細くなります。センチュリー・ミュージアムでの展観『古筆と水滴』に出陳された現品です(図録付)。





20220518

■青花の会|骨董祭2022
□6月10−12日(金土日)@√K Contemporary(牛込神楽坂)
*10日は内覧会(青花会員及び御招待者。販売有)
https://www.kogei-seika.jp/seikafes/2022.html

出展者の推奨品(6月10−11日用)を紹介しています。

■となりのトトや
https://www.instagram.com/tonari_no_totoya/

李朝染付窓絵花鳥文壺 小嶋亜創作 2021年 高48cm

弊廊一押しの陶芸家、小嶋亜創の脱構築的写し作品です。





20220518

■青花の会|骨董祭2022
□6月10−12日(金土日)@√K Contemporary(牛込神楽坂)
*10日は内覧会(青花会員及び御招待者。販売有)
https://www.kogei-seika.jp/seikafes/2022.html

出展者の推奨品(6月10−11日用)を紹介しています。

■草友舎
https://www.so-yu-sya.com/

十一面観音懸仏 鎌倉時代(13世紀) 像高7.8cm

涼やかで初々しい表情をしています。破れてはいますが盤と、ひとつの瓔珞が遺り、神社の軒に懸けられていた当時の様子が目に浮かぶようです。古材は付属しません。





20220517

■青花の会|骨董祭2022
□6月10−12日(金土日)@√K Contemporary(牛込神楽坂)
*10日は内覧会(青花会員及び御招待者。販売有)
https://www.kogei-seika.jp/seikafes/2022.html

出展者の推奨品(6月10−11日用)を紹介しています。

■四方堂
http://www.fufufufu.com/store_detail/index/url/shihodo/

狩猟文杯 イランからアゼルバイジャン 前10−前7世紀 高10.5cm

こんなに彩り豊かな器が当時あったとは驚きですね。手の平程の大きさですが壁画のような趣があり、動物たちは元気に駆け回っています。イラン国立博物館にある品でも殆ど色が失われていますが、本品はよい状態です。





20220517

■青花の会|骨董祭2022
□6月10−12日(金土日)@√K Contemporary(牛込神楽坂)
*10日は内覧会(青花会員及び御招待者。販売有)
https://www.kogei-seika.jp/seikafes/2022.html

出展者の推奨品(6月10−11日用)を紹介しています。

■世田谷八木
https://www.instagram.com/tomtomkokutani/

自然釉横瓶 猿投窯 平安−鎌倉時代 高9.5cm

木花にも、草花でも合う映りの良い物です。





20220517

■青花の会|骨董祭2022
□6月10−12日(金土日)@√K Contemporary(牛込神楽坂)
*10日は内覧会(青花会員及び御招待者。販売有)
https://www.kogei-seika.jp/seikafes/2022.html

出展者の推奨品(6月10−11日用)を紹介しています。

■志村道具店
https://www.instagram.com/shimura_douguten/

古銅兎水滴 桃山時代 高4cm





20220516

■青花の会|骨董祭2022
□6月10−12日(金土日)@√K Contemporary(牛込神楽坂)
*10日は内覧会(青花会員及び御招待者。販売有)
https://www.kogei-seika.jp/seikafes/2022.html

出展者の推奨品(6月10−11日用)を紹介しています。

■古美術山法師
https://www.instagram.com/yamaboushi_mejiro/

古越前小壺 室町時代 高9cm

蹲とはまさにこの姿。出会った瞬間、この丸いかわいらしさに惹かれました。この小ささは初見です。窯印有り。掛花入れとしてもお使いいただけます。





20220516

■青花の会|骨董祭2022
□6月10−12日(金土日)@√K Contemporary(牛込神楽坂)
*10日は内覧会(青花会員及び御招待者。販売有)
https://www.kogei-seika.jp/seikafes/2022.html

出展者の推奨品(6月10−11日用)を紹介しています。

■古美術28
https://www.instagram.com/artandantique28/

木彫聖女像 南ドイツ 15世紀末−16世紀初 高47.9cm(台共)

南ドイツの特徴が随所に確認できる聖女像です。専門家のお話では聖アンナの可能性が高いとのこと。ルネサンス期彫刻の優品です。





20220516

■青花の会|骨董祭2022
□6月10−12日(金土日)@√K Contemporary(牛込神楽坂)
*10日は内覧会(青花会員及び御招待者。販売有)
https://www.kogei-seika.jp/seikafes/2022.html

出展者の推奨品(6月10−11日用)を紹介しています。

■古美術三樹
http://www.fufufufu.com/store_detail/index/url/miki/

初期伊万里白磁鉢 肥前有田 江戸時代初(1630−40年代) 高8.5cm





20220515

骨董通販サイト seikanet、今晩19時公開です。今回は「酒器と茶器、その周辺」特集。
https://kogei-seika.net/

seikanet 監修者、古美術栗八の高木孝さんの連載「骨董入門」更新しました。「私論・骨董の価値と価格」。ずばり、でした。読後に心がかるくなる、骨董では稀な文かもしれません。
https://www.kogei-seika.jp/blog/takagi/030.html





20220515

今月末は「工芸批評」展。トークもあります。昨日はコメント取材でした(後日公開します)。

■展覧会|工芸批評2022
□5月27-31日|13-20時|工芸青花(神楽坂)
*5月27日は青花会員と御同伴者1名のみ
□出品
井出幸亮(『Subsequence』編集長)
鞍田崇(哲学者)
沢山遼(美術批評家)
菅野康晴(『工芸青花』編集長)
高木崇雄(「工藝風向」代表)
広瀬一郎(「桃居」店主)
三谷龍二(木工家)
米山菜津子(デザイナー)
https://www.kogei-seika.jp/gallery/20220501.html

■講座|工芸と私59|沢山遼+米山菜津子|「生活工芸」を考える
□5月30日(月)18時半@一水寮悠庵(神楽坂)
https://shop.kogei-seika.jp/products/detail.php?product_id=837





20220515

「さる山」猿山修さんがデザインした生活道具の通信販売をはじめました。青花でも急須ほか、いろいろ愛用しています。
https://shop.kogei-seika.jp/products/list.php?category_id=33





20220515

■青花の会|骨董祭2022
□6月10−12日(金土日)@√K Contemporary(牛込神楽坂)
*10日は内覧会(青花会員及び御招待者。販売有)
https://www.kogei-seika.jp/seikafes/2022.html

出展者の推奨品(6月10−11日用)を紹介しています。

■古美術天宝堂
https://tenpodo.net/

古染付麦藁手輪花筒向付 明時代末−清時代初 高9.1cm

麦藁を縄で結んだ構図を大胆にアレンジした珍しい図柄です。口辺部分は輪花になっており、上品な雰囲気を醸し出しております。この夏、キンキンに冷えたビールや、冷酒を呑むのに大活躍してくれそうです。





20220515

■青花の会|骨董祭2022
□6月10−12日(金土日)@√K Contemporary(牛込神楽坂)
*10日は内覧会(青花会員及び御招待者。販売有)
https://www.kogei-seika.jp/seikafes/2022.html

出展者の推奨品(6月10−11日用)を紹介しています。

■古美術藤島
http://www.fufufufu.com/store_detail/index/url/fujishima/

来賓三島茶碗 銘「吹上」 李朝時代初(16世紀) 口径14.5cm 遠州箱書





20220515

■青花の会|骨董祭2022
□6月10−12日(金土日)@√K Contemporary(牛込神楽坂)
*10日は内覧会(青花会員及び御招待者。販売有)
https://www.kogei-seika.jp/seikafes/2022.html

出展者の推奨品(6月10−11日用)を紹介しています。

■古美術肥後
http://www.fufufufu.com/store_detail/index/url/higo/

白磁香合 李朝時代(以下全て) 高4.0cm
会寧家形水滴 高5.2cm
鉄地銀入絲莨箱 高5.0cm
扇錘 幅3.7cm
艾石鼠形書鎮 高4.1cm

古くから日本人を魅了してきた朝鮮時代の工芸品。名品の類はありませんが、色々な素材で作られた、坐辺で愉しめる感じのよいモノや、ちょっと珍しいモノたち二十数点。





20220514

■青花の会|骨董祭2022
□6月10−12日(金土日)@√K Contemporary(牛込神楽坂)
*10日は内覧会(青花会員及び御招待者。販売有)
https://www.kogei-seika.jp/seikafes/2022.html

出展者の推奨品(6月10−11日用)を紹介しています。

■古美術陣屋
https://jinya.info/

観音菩薩懸仏 鎌倉時代 高11cm

その昔は人々の願いを込めて、この菩薩さまも、社殿の軒に飾られていたのでしょうか……。長い年月を経て鏡板や肘先が失われても、気高さを喪うことないお姿に尊さを感じます。





20220514

■青花の会|骨董祭2022
□6月10−12日(金土日)@√K Contemporary(牛込神楽坂)
*10日は内覧会(青花会員及び御招待者。販売有)
https://www.kogei-seika.jp/seikafes/2022.html

出展者の推奨品(6月10−11日用)を紹介しています。

■古美術小林
https://www.instagram.com/kobijutsukobayashi_/

古染付蝶図長角香合 明時代末(17世紀) 6.0×4.6×2.4cm

かわいいおすすめ品。





20220514

■青花の会|骨董祭2022
□6月10−12日(金土日)@√K Contemporary(牛込神楽坂)
*10日は内覧会(青花会員及び御招待者。販売有)
https://www.kogei-seika.jp/seikafes/2022.html

出展者の推奨品(6月10−11日用)を紹介しています。

■古美術京橋
http://kobijyutsu-kyobashi.com/

刷毛目平盃 李朝時代 径10.5cm

刷毛の調子が極めて良い味わい深い平盃です。





20220513

■青花の会|骨董祭2022
□6月10−12日(金土日)@√K Contemporary(牛込神楽坂)
*10日は内覧会(青花会員及び御招待者。販売有)
https://www.kogei-seika.jp/seikafes/2022.html

出展者の推奨品(6月10−11日用)を紹介しています。

■古美術川﨑
http://www.artkawasaki.com/

東大寺修二会松明 竹花活 江戸時代後期 高29.5cm

東大寺修二会(お水取り)時に練行衆の道明かりで使用された竹製の松明を、壁掛け花活けに仕立てたものです。花活けに東大寺朱印、二月堂焼印。東大寺住職箱書あり。





20220513

■青花の会|骨董祭2022
□6月10−12日(金土日)@√K Contemporary(牛込神楽坂)
*10日は内覧会(青花会員及び御招待者。販売有)
https://www.kogei-seika.jp/seikafes/2022.html

出展者の推奨品(6月10−11日用)を紹介しています。

■古美術うまのほね
http://umahone.com/

スカラベ エジプト 左/前1550−前1186年 長1.5cm 右/前1479−前1186年 長1.8cm

古代エジプトに発生し護符の役割を持ったスカラベ。時代と共に材質や印章に多様な発展が起こり、地中海・中東方面へも輸出されました。数点の佳作を出品いたします。





20220513

■青花の会|骨董祭2022
□6月10−12日(金土日)@√K Contemporary(牛込神楽坂)
*10日は内覧会(青花会員及び御招待者。販売有)
https://www.kogei-seika.jp/seikafes/2022.html

出展者の推奨品(6月10−11日用)を紹介しています。

■古童
http://g-kodou.com/

絵志野草文向付 美濃 桃山時代 径17.5cm





20220513

今夜です。

■講座|金沢百枝|キリスト教美術をたのしむ77|新約篇6|キリストの誘惑と悪魔
□5月13日(金)18時半@自由学園明日館ホール(目白)
https://shop.kogei-seika.jp/products/detail.php?product_id=835

金沢さんから……洗礼のあと、キリストは荒野で40日間断食するのですが、そのあいだに悪魔に誘惑されます。本講座では、その誘惑場面と、おもに中世美術に登場するユーモラス(?)な悪魔の表現、逸話を紹介します。はじめての方も大歓迎、ぜひ。





20220512

月末から「工芸批評」展。トークもあります。昨日はコメント取材でした(後日「青花茶話」で公開します)。

■展覧会|工芸批評2022
□5月27-31日|13-20時|工芸青花(神楽坂)
*5月27日は青花会員と御同伴者1名のみ
□出品
井出幸亮/『Subsequence』編集長
鞍田崇/哲学者
沢山遼/美術批評家
菅野康晴/『工芸青花』編集長
高木崇雄/「工藝風向」代表
広瀬一郎/「桃居」店主
三谷龍二/木工家
米山菜津子/デザイナー
https://www.kogei-seika.jp/gallery/20220501.html

■講座|工芸と私59|沢山遼+米山菜津子|「生活工芸」を考える
□5月30日(月)18時半@一水寮悠庵(神楽坂)
https://shop.kogei-seika.jp/products/detail.php?product_id=837





20220512

seikashopで「さる山」猿山修さんがデザインした生活道具の通信販売をはじめました。青花でも急須ほか、いろいろ愛用しています。写真はジューサー。
https://shop.kogei-seika.jp/products/list.php?category_id=33





20220512

■青花の会|骨董祭2022
□6月10−12日(金土日)@√K Contemporary(牛込神楽坂)
*10日は内覧会(青花会員及び御招待者。販売有)
https://www.kogei-seika.jp/seikafes/2022.html

出展者の推奨品(6月10−11日用)を紹介しています。

■工藝丹中
http://www.tannaka.co.jp/

狂言面「武悪」 室町時代末−桃山時代 20.7×15.5cm

遠い昔に使われたことが偲ばれる風化した味わいが魅力。武悪には様々な顔立ちがありますが、本作はやや面長。その表情には鬼の恐さよりも、少し間の抜けたおかしさが感じ取れます。是非会場でご覧いただきたい作品。





20220512

■青花の会|骨董祭2022
□6月10−12日(金土日)@√K Contemporary(牛込神楽坂)
*10日は内覧会(青花会員及び御招待者。販売有)
https://www.kogei-seika.jp/seikafes/2022.html

出展者の推奨品(6月10−11日用)を紹介しています。

■神ひとケモノ
https://kamihitokemono.jp/

ツタンカーメンのスカラベ エジプト新王国時代(前1332−前1323年) 1.8×1.2cm

ツタンカーメンの即位名である「ネブ・ケペル・ラー(太陽神ラーの姿をした主)」が刻まれたスカラベ。在位期間が短く、黄金マスクのファラオとして知名度が最も高いため、銘が残っているものは極希少。





20220511

■青花の会|骨董祭2022
□6月10−12日(金土日)@√K Contemporary(牛込神楽坂)
*10日は内覧会(青花会員及び御招待者。販売有)
https://www.kogei-seika.jp/seikafes/2022.html

出展者の推奨品(6月10−11日用)を紹介しています。

■画室
https://gashitsu.jp/

武人埴輪頭部 古墳時代 群馬県太田市飯塚町九合出土 高28cm(台共)

天冠をかぶる武人の埴輪ながら、お顔が女性的でとても可愛らしい。小ぶりで飾りやすいところも魅力です。





20220511

■青花の会|骨董祭2022
□6月10−12日(金土日)@√K Contemporary(牛込神楽坂)
*10日は内覧会(青花会員及び御招待者。販売有)
https://www.kogei-seika.jp/seikafes/2022.html

出展者の推奨品(6月10−11日用)を紹介しています。

■加島美術
http://www.kashima-arts.co.jp/

芹沢銈介《佛手》 板に着色、金箔 本紙22×14cm 額装 共シール





20220510

骨董通販サイト seikanet 公開中です(5月14日まで)。今回は自由出品。追加もありました。
https://kogei-seika.net/





20220510

■青花の会|骨董祭2022
□6月10−12日(金土日)@√K Contemporary(牛込神楽坂)
*10日は内覧会(青花会員及び御招待者。販売有)
https://www.kogei-seika.jp/seikafes/2022.html

出展者の推奨品(6月10−11日用)を紹介しています。

■花元
https://www.antique-kagen.com/

女神像 平安時代末 像高20cm

穏やかな表情が印象的な女神像です。会場で是非ご覧ください。





20220510

■青花の会|骨董祭2022
□6月10−12日(金土日)@√K Contemporary(牛込神楽坂)
*10日は内覧会(青花会員及び御招待者。販売有)
https://www.kogei-seika.jp/seikafes/2022.html

出展者の推奨品(6月10−11日用)を紹介しています。

■大塚美術
http://www.otsuka-art.com/

李朝白磁陽刻竹文角瓶 李朝時代(19世紀) 高11.7cm

四君子の一つである竹文を四面に、粘土板をモルドに押し当て紋様を表している。李朝陶磁にあって特に人気の高い角瓶。同類の梅文の角瓶が梨花女子大学博物館に収蔵されている。





20220510

今週金曜です。「名場面」が多そう。

■講座|金沢百枝|キリスト教美術をたのしむ77|新約篇6|キリストの誘惑と悪魔
□5月13日(金)18時半@自由学園明日館ホール(目白)
https://shop.kogei-seika.jp/products/detail.php?product_id=835

金沢さんから……洗礼のあと、キリストは荒野で40日間断食するのですが、そのあいだに悪魔に誘惑されます。本講座では、その誘惑場面と、おもに中世美術に登場するユーモラス(?)な悪魔の表現、逸話を紹介します。はじめての方も大歓迎、ぜひ。





20220509

今日から、出展者の推奨品(6月10−11日用)を紹介してゆきます。

■青花の会|骨董祭2022
□6月10−12日(金土日)@√K Contemporary(牛込神楽坂)
*10日は内覧会(青花会員及び御招待者。販売有)
https://www.kogei-seika.jp/seikafes/2022.html

■上原永山堂
http://www.eizando.net/

古染付向付いろいろ 明時代末





20220509

青花の会/骨董祭、今日から、出展者の推奨品(6月10−11日用)を紹介してゆきます。

■青花の会|骨董祭2022
□6月10−12日(金土日)@√K Contemporary(牛込神楽坂)
*10日は内覧会(青花会員及び御招待者。販売有)
https://www.kogei-seika.jp/seikafes/2022.html

■井上オリエンタルアート日本橋
http://www.inouye-art.com/

白磁扁壺 李朝時代(16−17世紀) 高19.8cm





20220508

「青花の会|骨董祭」、今年もよろしくお願いいたします。おって、出展者のみなさんの推奨品など御紹介してゆきます。

■青花の会|骨董祭2022
□6月10−12日(金土日)@√K Contemporary(牛込神楽坂)
*10日は内覧会(青花会員及び御招待者。販売有)
https://www.kogei-seika.jp/seikafes/2022.html

□出展
井上オリエンタルアート日本橋
上原永山堂
大塚美術
花元
画室
加島美術
神 ひと ケモノ
工藝丹中
古童
古美術うまのほね
古美術川﨑
古美術京橋
古美術小林
古美術陣屋
古美術天宝堂
古美術肥後
古美術藤島
古美術三樹
古美術山法師
古美術28
四方堂
志村道具店
世田谷八木
草友舎
となりのトトや
中上
秦志伸
本田
前坂晴天堂
利菴アーツコレクション
gallery uchiumi
IMADO
SEKIGAWA FINE ART
Swallowdale Antiques

□関連企画1
花会|杉謙太郎|6月10−12日@√K Contemporary(牛込神楽坂)

□関連企画2
茶話会|大坊珈琲店|6月11−12日@工芸青花(神楽坂)





20220506

ブログ「古道具屋たち」更新しました。今回は「白日」の西坂晃一さん。昨年8月の取材で、時間がたってしまって申訳ないですが、取材した日に感じた熱量はいまも確実にのこっています。この仕事をしていてもそうは会うことのできない、時代をかえたひとりだと思います。
https://www.kogei-seika.jp/blog/ena/007.html











20220503

最終日です。ようやく晴れました。20時まで。

■展覧会|たけのこ狩り
□4月29日-5月3日|13-20時|工芸青花(神楽坂)
□出品|たけのこ村
https://www.kogei-seika.jp/gallery/20220401.html

*土器ですが、水どめの処理がしてあります。
*会期中は「たけのこ村」メンバーの花道家・杉謙太郎さんも、だいたい在廊予定です。









20220502

種子のような花器。どのような花もあう気がします。ふしぎですが。明日まで。

■展覧会|たけのこ狩り
□4月29日-5月3日|13-20時|工芸青花(神楽坂)
□出品|たけのこ村
https://www.kogei-seika.jp/gallery/20220401.html

*土器ですが、水どめの処理がしてあります。
*会期中は「たけのこ村」メンバーの花道家・杉謙太郎さんも、だいたい在廊予定です。





20220501

骨董通販サイト seikanet 公開しました。今回は自由出品です。
https://kogei-seika.net/

seikanet 監修者、古美術栗八の高木孝さんの連載「骨董入門」も更新しました。今回も「骨董の価値と価格」の続篇です。写真は高木さん所蔵のローマングラス。
https://www.kogei-seika.jp/blog/takagi/028.html





20220501

開催中です。同時開催の杉謙太郎さんの花会でも、「たけのこ村」の器がつかわれています(土器ですが、水どめの処理がしてあります)。展示期間中は「たけのこ村」メンバーの杉さんも、だいたい在廊予定です。
*花会は屋内外の出入りがありますので、今夜の回など、あたたかくしていらしてください。

■展覧会|たけのこ狩り
□4月29日-5月3日|13-20時|工芸青花(神楽坂)
□出品|たけのこ村
https://www.kogei-seika.jp/gallery/20220401.html

■花会|杉謙太郎|花の一生
□4月29日-5月3日|19時半|一水寮悠庵(神楽坂)
https://shop.kogei-seika.jp/products/list.php?category_id=12




前月へ
トップへ戻る ▲